WordPressタグクラウドの作成方法 - 初心者の簡単WordPressでホームページ作成方法


WordPressタグクラウドの作成方法

タグクラウドとは

  • 投稿時に設定したキーワードの自動一覧表示のことです。
    WordPressでタグクラウド作成
  • 投稿時に設定するタグ=キーワード
    WordPressでタグクラウド作成する方法

タグクラウドはSEO的にどうなのか?

  • 初心者の方には、やや難しい話になりますので、結論から言いますと、
    SEO的には、過剰にするとマイナスになるが、適度に使えばプラスになる」となります。
    適度に使えば、自動生成されるタグページが上位表示になることがあります。
  • それでは、どういう点に注意すれば良いか?
    1.新規投稿する際に、ホームページを作成する時に考えた「重要キーワード」約10点以内のキーワードから1点だけ選ぶ。
    2.投稿ページの「タイトル」と「本文」の両方の中に存在するキーワードを1点だけタグに設定する
    ※投稿ページでの「重複タイトル」「重複内容」は絶対にしない条件です。
    3.タグクラウドの上に「タグクラウドのタイトル」を表示しておく
    ※一番上の図で「ペットリフォームキーワード」となっています。
    ※これは、「検索窓」にキーワードを入れて検索する手間を省くもので、利用者にとって便利になる訳です。
    この3点ができない場合、例えば会社ホームページの場合には相応しくないのでタグクラウド機能は使わない方が良いです。
    商用ホームページでも、商品やサービスの販売系などはこのタグクラウドは使えると思います。

タグクラウドの表示方法

  • ウィジェットで設定する
    WordPressウィジェットでタグクラウドを作成する方法
    WordPressウィジェットでタグクラウドを作成する方法このウィジェットで設定する方法では、
    設定した回数の多いキーワードが、自動で大きく表示されます。
    それはそれで、重要キーワードが強調されており、SEO的に有効なのですが、見た目でデザイン上好まないのでしたら下記の方法で行うと良いです。
  • 直接に、phpを書き込む
    下記のphpをコピーして、「外観」→「テーマの編集」→「サイドバーsidebar.phpファイル」の該当箇所に貼り付けしてください。

    この中の、smallest=16&largest=16は、左が小さい文字の大きさで、右が大きな文字の大きさです。
    通常では、設定回数が多いキーワードは大きな文字で自動表示されますが、この方法ですと、smallestもlargestも同じサイズにしていますので設定回数にかかわらず同じサイズで表示されるわけです。
    サイズを変えたいのなら数字を変えて貼り付けしてください。
    ※数字はピクセルpixが単位になっています。

次は、→ ページトップへのスクロールボタンを予定しています。

WordPressタグクラウドの作成方法

「 WordPressタグクラウドの作成方法」のページ