ホームページ用のレンタルサーバーを用意しよう - 初心者の簡単WordPressでホームページ作成方法


ホームページ用のレンタルサーバーを用意しよう

ホームページのデーターを置いておくレンタルサーバーの用意

  • レンタルサーバーは、WordPressが正常に動くサーバーが必要です。
    通常は、下記のレンタルサーバーがおすすめです。
    エックスサーバー(XSERVER)
    ロリポップ
    さくらサーバー
    お名前.com
    ※お名前.comでは、更新で不具合がでるときがあります。WordPress専用高速サーバーGMO WPCloudにしましょう。
    ※レンタルサーバーの名前で検索すれば出てきます。
    料金・ドメイン数・容量が異なりますので、あなたの目的に合ったサーバーを選びましょう。
    ※上記レンタルサーバーでも、最安値のプランではWordPressが動かないものがありますので、プランの内容を確かめて契約しましょう。
    ※無料サーバーや、プロバイダーの無料ホームページサーバーは、WordPressが動かないことがありますから、WordPressに合ったレンタルサーバーにしましょう。
  • 契約ができたら、登録した情報やログインIDとパスワードを紛失しないように、プリントして保存しておきましょう。
    パソコンが壊れた時や別のパソコンからログインする時などに、プリントしておいて助かることがあります。
  • 契約期間はそれぞれのレンタルサーバーでプランがありますが、「自動更新」にされることをお勧めします。
    万一、忘れていて契約更新できないと、全ての設定が消失することがあるからです。

WordPressのインストール

  • レンタルサーバーの契約ができたら、管理画面にログインしてWordPressをインストールします。
    「WordPressをインストールする」とは、サーバーに「WordPress本体を組み込む」ことです。
  • インストール方法は、何種類かありますが、初心者は管理画面に在る「簡単インストール」機能を使いましょう。
    簡単インストールは、プロが別の方法でインストールするのと変わりません。
    むしろ、そのサーバーに適した形でインストールできるなどの良い点があります。
  • インストールができたら、WordPressへの「ログインURL」「ID」「パスワード」を控えておきプリントしておきましょう。
  • インストール後には、まず初期設定をしておきます。

WordPressの更新

  • WordPress本体は、セキュリティー上の問題解決や機能の向上の為に、年に数回の更新があります。
    管理画面にログインした時に「更新」通知が表示されますので、更新しておきましょう。


    更新表示例:「WordPress 4.2.1が利用可能です 更新してください。


    更新画面から「今すぐ更新」ボタンをクリックすれば良いだけです。
    ※更新操作する前には、必ず全てのプラグインを一旦停止にしておきます。
    WordPressプラグインの一括停止
    ※時間がかかることがありますので、その間他の操作はしないで待ってください。

 


次は、→ WordPressの初期設定

 

ホームページ用のレンタルサーバーを用意しよう

「 ホームページ用のレンタルサーバーを用意しよう」のページ