WordPressのカスタマイズ(1)head - 初心者の簡単WordPressでホームページ作成方法


WordPressのカスタマイズ(1)head

ホームページはhtmlで記述されています

  • html(HyperText Markup Language)とは、ウェブページ(ホームページなど)を作成するために開発された言語で、インターネット上で公開されてるウェブページの殆どがHTMLで作成されています。
  • WordPressも同じように、htmlで自動的に作成されます。
    但し、WordPressは1ページ1ページにhtmlを書き込むのではなく、プログラム言語phpを記述することで自動的に思ったhtmlが書き出されるのでとても便利です。
    簡単なphpを使ったカスタマイズ(設定を変更すること)で、自動的に表示されることになります。
    初心者の方にも分かりやすい簡単なphpですので、書いている通りにやってみましょう。
    書き換えする前に、いつでも元に戻せるように、必ず元の記述をコピーして控えておいてください。
    ※Windowsでは「メモ帳」が標準装備されているので使えます。

最初にheadのカスタマイズをします

  • ホームページのhtmlには、見えないけれど重要な記述があります。
    ソースを表示して確かめてください。
    ※ソースを表示する方法
    そのページを開いた状態で、ブラウザ(Internet Explorerなど)の「表示 → ソース」にするか、画面上で右クリックしてソースの表示を選択。
  • このカスタマイズはSEO的に重要です!

WordPressのheadのカスタマイズ

このカスタマイズでどのように表示するのか

  • トップページ
    <title>~</title>
    ホームページのタイトル(=ホームページ作成前に原稿を準備しようで作成したキャッチコピー)
    WordPressの初期設定方法で「一般」に書き込んでおいたキャッチコピーが自動表示されます。
    <meta name=”description” content=
    「titleと同じ」+「です。」
    ※descriptionを長くして沢山のキーワードを配置しても効果はありません。
  • サブページ(トップページ以外のページ)
    <title>~</title>
    サブページのタイトル+のホームページのタイトル
    <meta name=”description” content=
    サブページのタイトル+「titleと同じ」+「です。」
    ※サブページのタイトルとは、固定ページや投稿ページでページを作った時に「タイトル欄」に入力しておいたタイトルです。
    WordPressのタイトル入力欄
  • 見ていただいているこのホームページでは、
    トップページ
    <title>~</title>
    「初心者の簡単WordPressでホームページ作成方法」
    <meta name=”description” content=
    「初心者の簡単WordPressでホームページ作成方法です。
    サブページ(今見ていただいているこのページの場合)
    「WordPressのカスタマイズ(1)head – 初心者の簡単WordPressでホームページ作成方法」
    <meta name=”description” content=
    「WordPressのカスタマイズ(1)head – 初心者の簡単WordPressでホームページ作成方法です。」
    となっています。
  • 最初からこのような表示になっているテーマもあります。
    その場合にはphpの記述方法が異なっていてもそのままにしておきましょう。
    残念ながらこうなっていないテーマも沢山ありますので、その場合にはこのようにカスタマイズしましょう。

具体的なカスタマイズ方法

  • WordPressの管理画面で、「外観」→「テーマの編集」→「ヘッダーheader.php」ファイルをクリックして開きます。
  • WordPressの管理画面header
  • header.phpファイルには、ホームページで見えない<head>~</head>部分と、見えるヘッダーエリアの記述があります。 今回は、ホームページで見えない<head>~</head>部分内の<title>~</title>と<meta name=”description” content=の中身を編集します。
    <title>~</title>に書き込むphp
    下記をコピーして貼り付けるだけです。

    <meta name=”description” content=に書き込むphp
    ※「”」から「”」の間に書き込んでください。
    例:<meta name=”description” content=”<?php echo trim(wp_title(”, false)); if(wp_title(”, false)) { echo ‘ – ‘; } bloginfo(‘name’); ?>です。” />
    下記をコピーして貼り付けるだけです。

  • 書き込む際に、記号の一つが抜けていたりすると、ページ表示ができなくて全て白紙のページになったりしますので、慎重に書き込んでください。
  • なお、<meta name=”keywordscontent=”○○○○○,○○○○” />の記述は、SEO的に採用されない記述ですから不要です。

 


次は、→ WordPressのカスタマイズ(2)ヘッダー

WordPressのカスタマイズ(1)head

「 WordPressのカスタマイズ(1)head」のページ